展覧会「ラフ∞絵」Information

秋本治、天野喜孝、大河原邦男、高田明美。1970年代初頭、アニメプロダクションで彼らの才能と出会い、仕事をした仲間です。それから40年以上の月日が流れ、一同が久しぶりに再会しました。私は彼らの仕事ぶりを40年以上も脇から見ていました。

無限のイマジネーション(想像)とクリエイティブ(創造)によって生み出される多くのラフ。彼らの代表作は世代を超えて知られている作品ですが、ラフが公開される機会はこれまで限られてきました。線が躍動し、作者の想いが動き続ける膨大なラフの中から選び抜いた作品の出発点。まさに未発表のラフ……ここからはじまる、未来を体感してください。

布川ゆうじ Yuji NUNOKAWA

<開催概要>

3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区)では、2019年4月2日(火)~4月16日(火)まで、展覧会「ラフ∞絵」を開催します。秋本治さん、天野喜孝さん、大河原邦男さん、高田明美さん。「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「ファイナルファンタジーシリーズ」「機動戦士ガンダム」「魔法の天使 クリィミーマミ」など、国内はもとより、世界でもファンが多い数々の漫画、アニメ、キャラクターデザインを生み出してきた4人のアーティストたち。そして、彼らの活動の“はじまり”となった交差点、タツノコプロで出会った“演出”の布川ゆうじが本展のプロデューサーを務めます。

この展覧会では、4人のアーティストの作品になる前のラフ絵とともに、作品が生み出されるその瞬間に迫ります。ネームとは、マンガを描く際のコマ割り、コマごとの構図、セリフやキャラクターの配置などを表したもので、マンガ制作のおける設計図のようなものです。アニメでは絵コンテといい、作者や作品によって、できあがりかたは様々ですが、作品の伊吹を感じられます。展覧会では4人の作家の代表作を中心に、約800点以上のラフ絵と完成原画を紹介します。

さらに、「チェンジ・アンド・チャレンジ」と題して、 4人のアーティストがそれぞれ、「描いてみたかった」と語る他のアーティストの代表作品を描きます。例えば、大河原邦男さんデザインの「装甲騎兵ボトムズ」を秋本治さんが描く、天野喜孝さんが高田明美さんデザインの「魔法の天使 クリィミーマミ」を描く……。本展覧会のもうひとつのテーマは“未来”。2019年4月2日、誰も見たことのない未来へむかう、無限のイマジネーションの世界を、あらたな真っ白い空間に描きはじめます。

会  期:
2019年4月2日(火)~4月16日(火)
会  場:
3331 Arts Chiyoda[ACCESS]
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
時  間:
11:00~20:00(入館最終案内19:30まで)
休 館 日:
会期中無休
主  催:
「ラフ∞絵」実行委員会
広報協力:
株式会社スクウェア・エニックス
特別協力:
楽プリ株式会社、3331 Arts Chiyoda